チョットいんすぱいあ



ソープだって原材料チェックする時代

a0044925_936048.jpgスキンケアの基本は何と言ってもソープ。自分の肌にしっくりくるソープを探すのは意外に難しい。ソープの原料は脂肪(動物性もしくは植物性)とアルカリ(水酸化ナトリウムもしくは苛性)なのだが、石油の副製品から作られたものもあるというから、成分チェックはしっかりとしたい。

たとえば「Sodium Tallowate」。Tallowate は「牛脂脂肪酸」だから、動物性脂肪から作られた石けんということになる。「Plant- vegetable-based」とあれば、ココナッツやヤシの木、オリーブオイルなどの植物性脂肪から作られたもの。「Castile」とあれば、スペインのカスティレ地方のオリーブを使った植物性石けんだ。乾燥肌の人はグリセリンがしっかりと入っているか確認したいところ。半透明のソープにはグリセリンが入ってない場合がよくあるので注意が必要だ。

最近ではオーガニック・コスメなどという言葉もできてたくらい、ソープの原料にも自然原料が使われているものが人気だ。特に保湿効果抜群の原料はシアバター、アロエベラ、ハニーなど。オイリー肌にはシトラス系のエッシェンシャルオイルやクレイが入っているものが最適だとか。また、動物性脂肪でできた石けんはアニマルラバーに不人気なのだとか。


a0044925_9334846.gif「ベジタブルソープ」の代表は日本発のDHC「ホワイトソープ」。オリーブオイルが配合されていてトラブった肌を癒してくれる効果がある。100%オリーブオイルの石けんなら「キス・マイ・フェイス」。a0044925_93442.jpg天然塩に加え、海藻のミネラルが配合されていて肌をスベスベにしてくれる。シアバターならば、化学薬品を一切使っていない、「ヌビアン」シリーズがオススメだ。
a0044925_9342047.jpg
[PR]
# by yucony | 2006-09-18 09:36

毎朝この一杯が腸の善玉菌を増やしてくれる

最近友達に勧められてケフィアを食べ始めた。野菜などの繊維が不足してくると、胃腸がどうも重くなる。そんな時には、ブルーベリーなどの入った市販のケフィアを飲むようにしている。デリなどでもケフィアを置いているところがだんだんと増えてきたように思う。お気に入りなのはポーランド系の食材店で手に入るシンバッドというメーカーだ。


ケフィアとはヨーグルトキノコとも呼ばれ、腸内の善玉菌を増やすと言われている。その後、別の友人にたね菌をもらった。早速ビンの中に牛乳を注いで自分でもケフィアを作っている。かなりの酸っぱさなので、蜂蜜を大匙一杯ほど入れて、たまにイチゴやブルーベリーなどのフルーツを添えて食べているが、このたね菌もどんどんと増えていくので、しばらくしたら誰かにおすそ分けしようと思っている。これを毎朝食べ始めて、腸の調子は極めて好調になった。
a0044925_4153760.jpg

ケフィアの発祥地は長寿国で知られる旧ソ連のコーカサス地方、山岳民族は牛乳をヤギの皮袋の中で発酵させ、連続して発酵させては飲用していたという。ヨーグルトとケフィアの違いは、ヨーグルトは乳酸菌だけでできているのに対し、ケフィアは乳酸菌と酵母からできているため、ヨーグルトよりも栄養価が高く、腸にもいいとされている。\

ヨーロッパ全土ではケフィアはかなりよく知られているが、日本ではまだ生きた酵母の入ったケフィアは市販されておらず、フリーズドのたね菌が販売されている。特に激しいダイエットなどを試みる女性には便秘に悩む人が多い。このケフィルが日本でも市販されれば、日本の女性たちに大きなベネフィットをもたらすのがだが。
a0044925_4191736.jpg
[PR]
# by yucony | 2006-08-22 04:20

ハートにやさしいチョコ

チョコがヘルシーフードとしての認知度を高めている。チョコといっても、よりヘルシーなのはココアの純度が高いダークチョコレート。ビタミンショップなどでもオーガニックチョコ、シュガーフリーチョコなど様々なヘルシーチョコが登場している。
a0044925_3264669.jpg
中でもシュガーフリーのチョコは上品な味わいで、値段は少し高めだが、「カーブ・コンシャス」とあり、炭水化物は15グラムまで抑えられていてダイエットにも役に立つ。ダイエットをしている女性にとっては、チョコは罪悪感の象徴とも言えるが、ある程度の息抜きは必要なもの。どうしてもチョコが食べたくなったら、シュガーフリーのダークチョコに頼らせてもらっている。

もう一つ見つけたヘルシーチョコは、ココアビアという商品。チョコバー一本のカロリーは90でかなり低め。この商品は、ビタミンBやカルシウムが加えられているほか、コレステロールにも気を遣っていて、大豆を使ってクランチ状にしている。代謝を高める効果のあるココアのフラバノールを最大限に維持する独自の製法でチョコを作っている。

アメリカでの死因の1位は心臓病。チョコがヘルシーフードとして注目されたのは、心臓病を予防する効果があるとされているため。コーネル大学のリサーチではチョコは抗酸化効果があることが証明され、ココアには緑茶や赤ワイン以上の効果があることが判明した。つまり、チョコはアンチエイジングな食べ物ということになる。

アメリカ人にとって寒い冬に不可欠な飲み物、ホットココアは砂糖などを入れなければ、かなりヘルシーな飲み物、ということになる。考えてみれば、朝にはホットココア、昼は緑茶、夜はワインで締めくくるというのは、どうやらかなりのアンチエイジング効果がありそうだ。
[PR]
# by yucony | 2006-08-15 03:04

チャイニーズ・レストラン・シンドローム

中国系のテイクアウト・レストランの多くは、いまだに「MSG(化学調味料)」を使用している。確かに、味付けに時間を節約できるし、商売をする側にとっては便利な化学調味料なのかもしれない、と思うが、アメリカ人はMSGにかなりのアレルギー反応を示す。「チャイニーズ・レストラン・シンドローム」などという言葉さえある。

店によっては店頭に「NO MSG(同店ではMSGは使用しておりません)」と紙を貼っているところもあるくらいだが、友人によると、MSGを使った料理を口にすると、食後に必ず激しい頭痛に襲われるという。
a0044925_7232290.jpg
正式名はグルタミン酸1ナトリウム、ここ30年の間、身体への害が問題視されてきた。神経に悪影響を与える説もあれば、アルツハイマーとの関連性を指摘する説もある。FDA(米食医薬品局)はMSGが使われた食品には「Monosodium Glutamate(グルタミン酸1ナトリウム)」の表記を義務付けている。

いまのところ、テイクアウトの中華を食べて頭痛に悩まされたことはないが、身体に悪いと聞けば、やはり避けたい。そこで先日、近所のテイクアウト・レストランで注文する際に「MSGは使わないで」と言ってみた。「オーケー、オーケー、うちはMSGは一切使っていないから」と胸を張ってみせたが、オイオイ、厨房の奥にはしっかりと「味の素」と書かれた白のバケツのような容器が山積みになっていた。

最近では、日本食に負けじとハイエンドのチャイニーズ・レストランがマンハッタンに増えているが、いまだにこれまでの「先入観」がアメリカ人の間では根強いのは確か。ヘルシー&クリーンなイメージで、なんとか名誉を挽回したいところだろう。あるパーティーで、「ねえ、チャイナタウンで清潔な店ってどこ?」と聞かれ、こういうことをアジア人に聞く方も聞く方だが、これがミドル階級の一般的なアメリカ人の感覚なのかもしれない、と思ってしまった。
[PR]
# by yucony | 2006-08-08 07:27

「砂糖を抜けば、あなたの人生はもっとスウィートになります」

健康に対する意識が変わってきたのか、最近になってようやく、薄味のソフトドリンクがアメリカで増えてきたように思う。初めてこの街に来た頃は、毒々しく色のついた甘いソーダ類か、もしくは水、の選択を迫られることが多く困ったものだった。ソーダの甘さたるは、喉が染みるほどでどう考えても身体に悪い。

a0044925_454246.jpg
さて、最近、ソフトドリンクの広告を地下鉄車内でよく見かける。フィジー島産のミネラルウォーターに始まり、以前紹介したざくろのジュース「POM」など、健康的なドリンクの宣伝をクリーンでシンプルなタッチで宣伝している。

今日地下鉄で発見して、ハッとさせられたのは、伊藤園のティーシリーズだ。
キャッチコピーは、

「砂糖を抜けば、あなたの人生はもっとスウィートになります」

というもの。
a0044925_4513760.jpg
スウィートな人生がどんなものかはよく分からないが、ウム、砂糖抜きをすれば、健康になって人生はよくなるかもしれない、と思わせるキャッチだ。砂糖の取りすぎは「イライラ」の原因にもなるし、もちろん、体重も増やしてくれる。中でも、きれいに漂白された精製済みの砂糖は、身体を酸性にしてしまい、成人病の原因にもなると言われている。

数年前に初めて伊藤園のティーズティーシリーズをデリで見つけた時には「高い!」と思ったものだった。ハイクオリティーを前面に押し出すのは分かるが、たとえば、緑茶の味わいをアメリカ人が理解できるのか、と首をかしげた。逆にチャイナタウンなどでよく見かける缶の緑茶は安いには安いが、甘く味付けされていて、一口飲んで吐き出したことがある。

このティーシリーズがアメリカでブレイクするか、これまで少し懐疑的だったが、この「スウィートライフ」キャンペーンで「ヘルシー」で「洗練された」イメージを消費者に与えることができるかもしれない。しかも種類も7つに増え、並べられると、見ていてカラフルで楽しい。

日本食を食べて「味がない」というアメリカ人が多いが、ここまで普及しているのはやはり、「ヘルシー」で「洗練された」イメージが定着したからに違いない。友人からよく聞く言葉は「I love Japanese sleekly design」。日本のシンプルで洗練されたデザインのイメージはかなり浸透している。これに「健康」が加われば、ニューヨーカーは高くても買ってしまうはずだ。
[PR]
# by yucony | 2006-07-31 04:49

スキンケアにジンセン&竹

アーユルベーダや漢方など、自然の植物を使った東洋医学が注目されていますが、これらの植物がこのところ、スキンケア商品にも多く取り入れられています。緑茶やキノコ類が肌にいいのはすでに多くの人がご存知かと思いますが、ジンセン、竹を取り入れたスキンケアが注目されています。

まずはジンセン。ジンセンはエナジーアップ、記憶力向上、持久力維持、コレステロール低下、新陳代謝活性化などの効能で知られていますが、ジンセンの根を配合し、肌が必要とする栄養をたっぷり与えてくれるスキンケア商品が売り出されています。中でも Naturpathica Beech Tree & Ginseng Daily Moisture Treatment(48ドル)はブナの木とジンセンを配合したモイスチャライザーで、乾燥から肌を守るだけでなく、毛穴を引き締める効果があります。値段はちょっと高いですが、保湿効果に加え毛穴を引き締めてくれるのが魅力的です。a0044925_19294879.jpgハンド&ボディークリームとして重宝するのが、Jason Wild Yam Hand & Body Therapy(9ドル)。ヤムイモ、アロエ、ジンセンに甘草を配合、肌に潤いを与え、リラックスしてくれるので塗るとホッとさせてくれます。

さて、竹は中国ではぜんそくや解熱の薬として使われてきました。竹の樹液は肌に水分を与え、角質を除去する作用があるので、肌のアンチエイジング効果が抜群です。スキントーンを整えてくれ、毛穴の引き締め効果のある Healing Garden Skin Organics refine Microdemerbrasion(13.95ドル)、a0044925_1930943.jpgスーパーやドラッグストアで簡単に手に入るポンズのPond's Smooth Perfection Complexion(13ドル)がオススメです。

サンダルを魅力的に履きこなすためにも、フットケアにも気を使いたいもの。靴擦れで痛めた足をクールオフしてくれるスプレ−Cool Feet(14ドル)には、a0044925_19324100.jpgパパイヤのエキスに加え、肌を柔らかくしてくれる竹の樹液が入っています。またカモミールも入っていますから、足の痛みも癒してくれますし、ペパーミントが臭いを抑えてくれて、マルチ!に重宝します。
[PR]
# by yucony | 2006-07-12 19:35

エナジーアップのサプリが人気だ

品揃えの多さでいつも頼りにしている大型ビタミンショップが41丁目のパークアベニューにある。ビジネス街だという理由からか、ショーウィンドウは「エネルギーアップ」のサプリが目立っている。

ほんの少し前は「エネルギーアップ」のサプリがこんなに多く種類がなかったのだが、疲れ気味のアメリカ人が増えているということなのだろうか。ローヤルゼリーやプロポリスの入ったもの、ジンセン系のハーブを多く取り入れたものなど種類は増える一方で選ぶのが大変なくらいだ。


アルゼンチン人の友人たちは朝から夜遅くまでよく働きとても元気なのだが、彼女たちが飲んでいるのはコーヒーではなく「マテ茶」。しかもティーバッグではなく、スポーツドリンクのような特製のプラスティック容器に葉を入れてストローで飲んでいる。

これこそオールナチュラル、特製容器で飲むマテ茶もいいのだが、サプリでエナジーアップができたら、ずっと楽だ。そこでビタミンショップでいろいろ見てみた。まず目に付いたのが、慢性疲労、ストレス、不安、うつ、消化不良などに効果があるという「ビヨンド・エナジー」。オールナチュラルを謳っているものの、シベリアン・ジンセンに始まり、緑茶のエキス、唐辛子、蜂花粉、ガラナなど成分がなんと30以上で、これではどれがどう効くのか分からない。パッケージも迫力がすごくて、こんな雷のようなエネルギーでは困る、と引いてしまう。
a0044925_614538.jpg


お気に入りのドクター・ワイルのシリーズは、マルチビタミンなど、他の商品はそろっているのだが、この「エナジー・サポート・フォーミュラ」という商品だけいつも売り切れだ。

説明書きを読んでみると、成分はすべてナチュラルハーブ。エレウテロコックス、アシュワガンダ、冬虫夏草などで、古代からエネルギーアップに効果があると使われてきたものばかり。とくにエレウテロコックスは何世紀にもわたって適応促進薬として使われてきた植物。冬虫夏草もスタミナをつけてくれるマッシュルームとして中国では知られている植物で、これに加え、インドのジンセンと呼ばれ、身体の状態を正常にするアシュワガンダが入っている。
a0044925_6234.jpg

カフェインを採った後のような一過性のカラ元気、そしてその後のあの疲労感は避けたい。そんなサプリでは困るのだ。しかし、この商品の特徴はカフェインやマオウなど、刺激物が一切入っていない点。元気になった後で頭痛、胃痛では何のために飲んだのか分からない。

「トニックハーブ(強壮効果のあるハーブ)、毒性のない食物は身体のエネルギーを高め、あらゆる種類のストレスから身を守ります」とドクター・ワイルは語っている。応急処置のようなサプリではなく、ちゃんと身体のことを考えてくれているようで信頼できる。早速、お店の人に次の入荷日を聞いてみようと思う。
[PR]
# by yucony | 2006-07-05 05:55

日焼け止めは塗るだけじゃナイ


去年も一昨年もビーチでの日焼けを大失敗に終わらせてしまった。もともと肌が強い方ではないから、長時間の日焼けはよくないと知っておきながら、本を読み始めて気付くとすでに数時間。まだ肌は赤くなっていないものの明らかに熱い。サンスクリーンを塗ったのにも関わらず、次の日には肌は真っ赤になっていて、腕、お腹、膝の伸縮が苦痛だ。

そういえば今日の夜のニュースによると、18歳以下の少年少女が日焼けサロンで日焼けマシーンを使用するのに親の承諾が義務づけられるようになるという。腕のシミが気になると言っていたアメリカ人の同僚は皮膚科にアポをとって皮膚ガンの可能性がないか検診に行くと言っていた。皮膚ガンへの意識は年々高まっている。

サンスクリーン・ローションだけでは何かと頼りない。今年はビーチに行く前に必ず手に入れたいサプリがある。その名もヘリオケア。日焼けによるダメージを外側からだけでなく、内側からも予防しようというのがこのサプリだ。a0044925_13475568.gif
成分は、日光によるダメージを防ぐ効果があり、肌の炎症を抑える抗酸化フェノールの含まれた緑茶、ベータカロチン、シダのエキスなど。肌を突き抜けた紫外線はフリーラディカルを増殖させ、皮膚の免疫を低下させるが、シダのエキスなどは紫外線から肌を守ると同時に、肌の老化を防ぐ効果がある。

また、塩素たっぷりのプールに入る際には、髪を守るために、流さないでそのまま付けっぱなしにできるコンディショナーを塗るのがいいらしい。濡らした髪にサンスクリーン・ローションと、コンディショナーを付けて、巻き髪を作ったり、キャップを被ればヘアケアは完璧だ。コンディショナーで美容師から薦められたのが、キールのリーブイン・コンディショナー。傷んだ髪にもよく効きます。
a0044925_13484599.jpg
[PR]
# by yucony | 2006-06-27 14:06

I ♥ ポム

ほんの2〜3年前には考えられなかったが、a0044925_3445830.jpg「レッドブル」など栄養ドリンクが飛ぶように売れている。ペーパー(レポート)前の大学生にはこのドリンクが欠かせない存在だと聞いたこともある。疲れた時には、つい手にしたくなってしまうこの手のドリンクだが、なぜか個人的には炭酸モノはちょっと苦手だ。味も成分も「自然」ではなさそうだし、飲んだ後、胃がもたれる気がする。

そこで、ドリンクで栄養補給をする時には、なるべくナチュラルな飲み物を飲みたい!と思っていた。ちょっと値段は高い(小さなボトルで3ドル以上)が、お気に入りなのがこのポム!。ひょうたんのような入れ物も可愛らしいし、広告も愛らしい。

広告に示された「抗酸化効果」「アンチエイジング」というキーワードはやっぱり気になる。しかし、リキんで「健康第一!」と謳うのではなく、ボトルを首つり状態にして「死を欺け」と語るユーモラスさが何とも微笑ましい。

色からすると、ブドウやブルーベリーなどのベリー系だから「抗酸化効果」なのかと思うが、実はこのジュースのベースはザクロ。この果物の抗酸化効果が、成人病との関連性が高く、遺伝子や細胞にダメージを与えるとされている「フリーラディカル(活性酸素)」から身体を守ってくれるのだという。
a0044925_3451423.jpg
また、このザクロに入っている植物エストロゲンが更年期障害の火照りなどに効果があると言われているそうで、原産地の中東やインドでは古代から民間療法に使われてきた。

ただ、味はちょっとまったり気味。しかし、最近はベリーを混ぜたもの、アイスティーシリーズなども出して、味もなかなかのものになった。だから、砂糖たっぷりのアイスティーを買うのだったら、ポム!を飲みたい。普通のアイスティーよりは高くつくが、健康を損なえばもっと高くつく…。医療費の高いアメリカでの生活は健康管理がとっても大切なのだ。
[PR]
# by yucony | 2006-06-19 03:47

スプレーひと吹きでストレスフリー?

ビタミンショップはもちろんのこと、一般のドラッグストアやグルメスーパー、ホールフーズなどにも販売されている「レスキュー・レメディー」は、バーク医師が70年も前に考えだしたオールナチュラルなフラワー・レメディ−。

スプレーひと吹きで危機脱出というこの魔法のボトル、「ボトルに入ったヨガ」というキャッチコピーで、神経衰弱気味なニューヨーカーにはうってつけの商品かもしれない。
a0044925_203625.jpg
何がオールナチュラルなのかといえば、フラワーエッセンスがナチュラルなのだそうで、このバーク医師はさまざまな花のエッセンスを組み合わせて1930年代にこの「フォーミュラ」を完成した。

フラワーエッセンスとはアロマオイルと似たようなものかと思っていたが、どうやらちょっと違う。これは花や植物のエキスを薄めたもので、フラワーレメディー療法とはハーブを使って治療するホメオパシーと同じように、花のエッセンスを使って身体の体調を整えるのだという。バーク医師は、病気は身体のアンバランスからくるものだと考え、フラワーエッセンスはバランスを整えてくれるのに役立つという。

さまざまな種類のフラワーエッセンスが発売されているが、中でも「ホーリー」というボトルは「怒り」を抑えるのに効き、しかも、ハートをオープンにしてくれるのだという。レメディーの多くが感情のバランスを取る目的で作られており、「自信喪失時に使うもの」「イライラしてじっとしていられない時に使うもの」など、種類は様々。

この花の威力、人間とまったく同様に動物にも作用するというから驚く。その使い方だがエッセンス数滴を水などにたらして飲む、もしくは直接口にたらすだけという手ごろさ、面倒くさがり屋の現代人には受けそうだ。

さてレスキュー・レメディーはインパチェンス、スター・オブ・ベスレヘム、梅、ロック・ローズ、クレマチスの5つの花を使って作られている。パニック時だけでなく、結婚式前や試験前に緊張している時、恋人にふられたり、大きな衝撃を受けた時に心の平静を取り戻すのに役立つのだとか。

このエッセンスを一回に4滴ほど口にするのだが、この新しいスプレーバージョンだと口にプシュ、プシュと2回霧吹きさせればオーケーなのだという。「ボトルに入ったヨガ」、自分のためだけでなしに、同僚や上司にもプシュ、プシュしたい。
[PR]
# by yucony | 2006-06-13 19:23


スタイリスト目線で綴るNYでの「!」
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30